倉庫

分別廃棄をする

現在の倉庫業務から考える工夫

ゴミ

私達が普段から使用しているものや着用している服、読んでいる本というのは、私達の手元に渡るまで様々な経路をたどっています。そして、製造されたものが手元に届くまでの過程で「物流倉庫」を経由していることがほとんどです。物流倉庫というのは、製品や荷物を預けるだけの場所確保する場所のことです。しかし、最近では物を保管する倉庫から、お客様に見て頂けるような倉庫のオープンハウス化といった新しい観点からの運用も始まっているということや埃ひとつない美しい倉庫、感動される倉庫作りが将来的に有望であるということなど多くのことが分かりました。

環境問題を考えた物流倉庫

現在、環境破壊によって地球温暖化や地球規模での砂漠化が進んでいます。気温が変化することによって地球の様々な地域において気候が変化し、人類をはじめとする地球上の全ての生命体など、あらゆるものへの影響が考えられます。海面の上昇、生活水の不足、異常気象による膨大な被害、生き物が一種絶滅すれば生態系が崩壊します。この危機的状況において今、未来のために私たちが出来ることは何なのか、という問題をひとりひとりが切実に考えることは非常に重要です。暮らしの中にあるゴミ分別、省エネ運動などでもこうした問題を解決するために貢献することが出来るのです。物流倉庫をとって考えても同じことが言えます。環境にやさしいエネルギー排出量が少ない倉庫システムの導入などにより、省エネ対策というものが可能です。