倉庫

割安でサービス可能

近くの港で倉庫を探す

倉庫

輸入食品を扱う場合には、製造から荷物の到着まで、当然ながら時間がかかります。隣国からでも商品を動かすことができるまでには、7日〜10日ほどは所要時間がかかるため、出荷前には十分な在庫を確保しておくことが要求されます。港に到着した荷物は、一度倉庫に保管しておく必要があります。出荷先への距離を考えると、できる限り近くの港に入港し、隣接する倉庫にストックしておくことで、輸送距離を短くし、結果的に運送費を抑えることにもつながります。こういった倉庫は、得意先の紹介を利用するのも良いですし、通関手続きを任せている場合は、そこの紹介でも良いでしょう。最近では、インターネットで調べるという方法も有効な手段です。

商品を先づくりで対応

こうした取引をする場合、全国規模に出荷が決まっているときには、その出荷数が読めない場合があります。一時的に大量の出荷が見込まれる場合などは、わかってから製造をしていたのでは、とても間に合うものではありません。そこで、倉庫には十分な量の在庫を保管しておく必要があります。時間とともに売り上げは落ち着いてくるのが通常の現象であるので、最初の出荷分をいかにうまくコントロールしていくかが、成功のカギを握っています。そういった在庫コントロールを行う上で、十分な容量を持った倉庫は欠かすことができない存在といえます。最近では、出荷業務も併せて行っているグループ会社もあり、割安で利用することができる場合もあります。